なぜ今治?

 

今治市は海運業・造船業・舶用機器の「海事産業」が集積する日本最大の海事都市です。

企業数は500社以上、10,000人以上お超える人たちが働いており、海運業、造船業、舶用工業はいずれも日本トップクラスの実績を誇ります。

 

今治市の外航海運会社は約70社あり、日本外交商船隊2,411隻の役4割にあたる約980隻を所有しています。

内航海運会社数は約200社あり、日本内航商船隊5,196隻のうち約5%にあたる約260隻の船舶を所有しています。

 

船舶建造隻数の国内シェアは18%

今治には14の造船所があり、新造船竣工量は約90隻(2016年)で、国内シェアの約18%を占めています。

今治市内に本社や拠点のある造船会社のグループ全体では、国内で建造される船舶の約30%が造られています。

 

今治市には舶用メーカーと関連企業を合わせて約160の企業があります。最先端技術を駆使した船舶機器は国内外から常に高い評価を受けており、世界中の船舶に導入されています。